その他

ドタバタと・・・

2連休が終わって今週も鬼の様な忙しさに翻弄されっぱなしです・・・

しかも耐久レースのエントリーしてるにも関わらずトレすら出来ない状態です。

ただ先週末に児島ACの飲み会で鋭気をたくさんもらったので

とにかく“楽しむ”を前提に やってみます☆

さらに悩んでいたダルガ峰も今日エントリー完了しました。

ダルガ峰は3年連続なので去年の記録更新を目標に顔晴ってこようと思いま〜す。

今週あと2日・・・

ガンバロ   v( ̄∇ ̄)v

切り替え・・・

7月末の大会が終わり今は何にも気力が湧いてこない。

毎年ではあるんだけど、今年はちょっと違う状況です。

先月末、自宅療養していた先輩が退職

少人数の会社だから1人いないだけで、かなりバタバタしっぱなしです。

暑い時期なのもあり体力的にも厳しく帰宅も遅い。

その中で消防団の練習も週2で入り正直クタクタ・・・

トレーニングをしないと身体も重いしキレもない。

何より楽しくない・・・

悪循環です。

そんな中で今年の予定していたレースにエントリーして流れを変えたい。

ダルガ峰ヒルクライム(今回で3回目)

サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2012 (3時間ソロ)

こっちは予定してなかったけど出てみようかなと思案中

余裕も無い状況だけど前を向いて1歩づつ進んで行きます。

きっと笑顔になれるはず☆









まだまだ暑いです・・・

久々の更新です・・・

倉敷トラ、ジュニトラが終わって完全にスイッチOFFになってしまってます(笑)

お盆休みの終盤に熱中症になってダウンしてしまいました。

お盆はいつも体調崩すんよな〜

何でやろ?

仕事の方では先輩が病気になり7月から自宅療養のため1人欠員・・・

暑さと多忙で目が回りそうな毎日を送ってます。

去年出場した宮島ジュニアトライアスロン大会に今年も出るつもりだったけど

消防(操法)の大会しかも予備日が宮島とぶつかってしまい・・・

諦めるしかないね(泣)

更に去年でたメディオフォンド奥吉備も消防の大会(操法倉敷大会)がぶつかってる!!!

マジで   orz

2年以上にわたり選手、団員ともに一緒に戦って来てるので当然ではあるけど

正直いうと出たかったな(笑)

T野さんの佐渡練のサポートもあんまり出来てないけど明日の朝練には参加してこよ☆

トレしてないと、こうも変わるのか?って言うくらい体も緊張感が無くなってきてる・・・

ダラシナイ体に変身してます(爆)

大会が終わってからのダラダラモードから早く脱却しないとね!



Smile

先週の木曜に逝ってしまったツバメのピィピィ・・・

母親が元気を無くしてしまってたから何とかしてあげたいと悩んでいました。

自分の小さい頃は犬、猫、鳥、の動物を飼ってましたが

ペットを失う時の悲しみはとても大きいものです・・・

矛盾してるかもしれませんが動物を失った悲しみは動物で癒されるのかもしれません。

以前飼っていた手乗りの文鳥の事を思い出し母親に承諾も得てないのに土曜日に

子供達と一緒にペットショップを探し回りました。

その文鳥を父親が本当に可愛がってて自分の布団で一緒に寝るくらいだったな(笑)

しかし手乗りの文鳥はなかなか見つからずに断念・・・

日曜日にトレーニングが終わってから昨日訪れたショップへ行きました。

そのショップは唯一、手乗りインコがいたのです。

基本、手乗りにするにはヒナから育てないと無理みたいで親にヒナをプレゼントしても

大変じゃないかなぁ〜と言う不安もあって、その子に決めようとしてました。

ただ一つ問題が・・・

親に何にも言わず勝手に行動してるので、もし要らないわって言われたらどうしよう・・・

でも、きっと喜んでもらえるはず。

何故かそう思えたのです☆

とういもあおいも賛成してくれたしね (^^)

鳥かごと餌も一緒に購入して、いざ実家に!

大丈夫かなぁ〜って思いながら連れて行くと・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インコを私に?

ピィピィだよって言ったら涙ぐんで喜んでくれました。

傷ついたピィピィを連れて帰り看病し天国に送り出してあげた両親の事を思えば

少々辛いかもしれません・・・

だからこそ名前をピィピィにしました。

no title

写真が上手く撮れませんでしたがちゃんと手に乗ってくれました☆(この手は僕です)

手のひらにピィピィの温もりを感じながら母親がピィピィって呼んだ時・・・

僕が泣きそうになりました(笑)

笑顔が戻った母親を見れて本当に良かった。



母の涙・・・

先週の日曜日に子ども達を預かってくれた両親。

福山までお出かけしてくれてた帰りにツバメが車に、ぶつかってきたそうです。

高速道路じゃなかったみたいで引き返してツバメのもとへ

そうすると他のツバメ達が倒れているツバメの所へ何羽も来たみたいだけど

ダメって思ったのか飛び立って行った・・・

仲間の緊急事態に動物でも、そういった行動を取るって関心しました。

その傷ついたツバメを一緒に連れて帰り看病をしていた両親。

ピィピィと1回だけ車中で鳴いたみたい。

ピィピィちゃんと名前をつけて両親、子供たちも一生懸命に看病してくれました。

火曜日に帰って色々と調べてたら保護してくれる施設(岡山鳥獣保護センター)

を見つけれて今日引き渡す予定でした。

しかし両親や我が家の家族の思いも届かず木曜日の午後に逝ってしまいました。

誰もが悲しみにつつまれた・・・

こどもたちもピィピィちゃん天国に行ったんだねと・・・

木曜日に奥さんが子ども達を迎えに行くと母親は泣いていたそうです。

肩を落とし泣きながら掃除をしていた・・・

ぶつけたから?

助けてあげられなかったから?

自分に対する色んな想いの詰まった涙・・・

奥さんから連絡があり事情を聞いて連絡してみたら、ものすごくか細い声で・・・

間に合わなかった・・・助けてあげれなかった・・・

そんな事はないよ!

あのまま放置していたら後続車に引かれてただろうから間違ってないよ。

今時そんな優しさを持ってる人も少ないだろう。

逆にそんな優しい心を持ってる人が自分の両親である事を誇りに思った。

慰めても電話口で泣く母に何もしてあげれない自分・・・

情けない話である・・・

金曜、土曜と連絡したがやはり落ち込んでる様子でした。

5日間だけでも、きっとピィピィちゃんには両親の温かい想い、優しさは届いていたと

信じています。

そして早く元気を取り戻して下さい。

母さん☆




livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ